PHOTOニュース

高校野球新潟大会準々決勝で日本文理を破り、喜びを爆発させる産附ナイ ン=21日、エコスタ (2024/07/22)


ブルボンKZの選手と一緒に五輪応援献立を味わう児童=19日、北鯖石小 (2024/07/20)


高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)

>>過去記事一覧
東電が原発7号機再開申し入れ

 東京電力は9日、経済産業省原子力安全・保安院が六日に事実上の安全宣言をした柏崎刈羽原発7号機について、地元自治体に原子炉再起動の了解を申し入れた。午後から刈羽村を皮切りに武黒一郎・同原発所長らが訪問を開始。県を経て、市には夕方になる予定だ。各首長とも6号機と同様にひびがなかったことなどから運転再開に問題はないとの意向で、今後、16日に招集される臨時県議会の対応が焦点だ。再起動の申し入れは、3首長の容認ですでに運転を再開している6号機に次いで2基目。

 一連のトラブル隠しを受けて、7号機は今年3月末から点検を続けてきた。保安院の佐々木宜彦院長は6日、刈羽村、柏崎市の議会と同市内の住民説明会で7号機について、6号機と同型炉でシュラウド(原子炉内隔壁)にひびがなく、他号機でひびが確認された再循環系配管もない上、格納容器漏えい率検査で良好な成績を確認したと報告。「起動しても安全規制上の立場からは支障がない」と述べていた。

 武黒所長は9日午後、まず刈羽村に品田村長を訪ね、口頭で起動準備終了を報告し、「起動に理解を賜りたい」と申し入れた。村長は「村民を代表する立場で6.7号機は同じ扱いでというスタンスで来た。理解は得られていると思う。しっかりした対応・運転に心がけてほしい」と容認する考えを示した。

 このあと、同所長は東電の桝本晃章副社長らと村議会全員協議会の説明会に出席した。

(2003/ 6/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。