PHOTOニュース

中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)


柏崎リーダー塾第6期生の入塾式。1年半にわたるカリキュラムのスター トを切った=6日、柏崎商議所 (2024/07/09)

>>過去記事一覧
9月市会の補正予算は8億円

 5日開会する市議会9月定例会の提出議案がこのほど、議会に送付された。

 今年度一般会計補正予算案は8億1,708万円で、経済景気対策特別資金の追加7億9,580円が大きい。同資金は当初予算で約26億円を計上したが、利用が多いため補正したいというもの。また、今年度新たに取り組む地域コミュニティ活動推進事業は、当初13地区を予定したところ、21地区が希望したため2,017万円を追加。このほか、合併処理浄化槽設置整備の追加30基分3,330万円、諏訪町商店街のアーケード改修への補助として商店街リフレッシュ事業1,500万円(県補助含む)。

 補正予算以外では、粗大ごみ有料化のための条例改正案、柏崎産業集積活性化事業用地(産業団地・柏崎フロンティアパーク)の関連公共施設工事を地域振興整備公団に委託する契約締結、相沢陽一氏(教育長)の任期満了に伴う教育委員会委員の任命などが発案される。人事案件は会期最終日の19日の本会議、他は初日本会議に上程。

 一方、2002年度各会計の決算認定議案も提出される。このうちガス事業会計・水道事業会計を今定例会で審議する。

(2003/ 9/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。