PHOTOニュース

高校野球新潟大会準々決勝で日本文理を破り、喜びを爆発させる産附ナイ ン=21日、エコスタ (2024/07/22)


ブルボンKZの選手と一緒に五輪応援献立を味わう児童=19日、北鯖石小 (2024/07/20)


高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)

>>過去記事一覧
原発立地議会サミット、25・26日に

 第4回全国原子力発電所立地議会サミット(同立地市町村議会議長会主催)が25・26日、東京・港区の品川プリンスホテルで開かれる。テーマは「原子力発電・その安全と安心を求めて〜原子力行政と地域共生〜」。昨年発覚した東京電力の原発トラブル隠しで電力会社と国への信頼が損なわれた中、改めて今後の原子力のあり方や立地地域の課題、規制の方向などを考える。

 サミットは、原発立地点の議員が原子力への賛否を超えて議論と情報交換を行うことが目的。東電柏崎刈羽原発を抱える柏崎市議会の提唱で1997年に創設され、隔年で開かれている。主催の立地市町村議会議長会の会長は柏崎の今井議長。今回は加盟22市町村議会の議員と電力会社、国、全国原子力発電所所在市町村協議会などの関係者ら合わせて約380人が参加する。柏崎市議会からは29人、刈羽村議会からは16人。

(2003/11/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。