PHOTOニュース

1階開架スペースに設けられたビジネス支援コーナー。仕事のスキルアップなど約700冊が一つのコーナーに集められた=ソフィアセンター (2020/07/08)


「青春・熱血!プロジェクト」の皮切りとして行われたバレーボール競技。選手は約4カ月ぶりの対外試合を楽しんだ=4日、鏡が沖中体育館 (2020/07/07)


海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)

>>過去記事一覧
ラピカ住民訴訟で新潟地裁、原告の請求棄却

 刈羽村の生涯学習センター「ラピカ」で設計書より安価な建材を使うなど村に無断の設計変更を行い損害を与えたとして、住民ら8人が設計監理業者と施工のJV(共同企業体)の計4社と加藤実前村長、品田村長を相手取り、村に総額約52億3,000万円の返還などを求めた住民訴訟で新潟地裁(犬飼真二裁判長)は29日、原告側の訴えを全面的に退ける判決を言い渡した。

 提訴から判決まで約3年半。昨年11月まで19回の口頭弁論が開かれた。判決は原告らの請求をいずれも棄却。「(村と4社の)和解契約は有効であり、契約義務の履(り)行によって村の損害賠償請求権は消滅している。加藤、品田両被告は請求権を行使しており、違法に怠ったということはできない」とし、「原告らの請求には理由がない」と述べた。施工の欠陥など原告の主張については、「必要な手続きが行われていなかったため、設計図書と実際の施工にそごが生じているということであり、ラピカが備えているべき品質を欠き、使用できないというものではない」と判断した。

(2004/ 1/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。