PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
サケの稚魚15万匹を放流

 柏崎の春一番の恒例行事、サケ放流式(市サケマス増殖事業協会主催)が3日、市内青海川の「柏崎さけのふるさと公園」で行われ、約15万匹の稚魚の出発を祝った。

 ここ数年、谷根川にそ上するサケの数が低迷し、昨年秋の捕獲数は1,861匹にとどまったが、採卵数は170万粒以上を確保。佐渡市に約40万匹を移出し、柏崎では約132万匹を育成した。また、ふ化場では寺泊や桑取川の稚魚飼育も請け負った。

 放流式は冷たい雨の降るあいにくの空模様となったが、大勢の市民が参加。米山小マーチングバンドが、「小さかったサケの稚魚が四カ月で大きくなった。サケのために一生懸命演奏します」というリーダーの6年・田村侑紗さんの言葉に続いて「蛍の光」などを演奏。事業協会の深井汀会長のあいさつ・事業経過報告に続いて、西川市長も「小さなサケが遠くの海を4年も泳ぎ、大きくなって帰ってくることに不思議を感じる。ふるさと柏崎にたくさん戻ってくることを期待しよう」と呼び掛けた。西川県議会議長、東山県議ら来賓と子どもたちとの共同記念放流の後、参加者全員でサケの稚魚を放流し、旅立ちを見送った。

(2004/ 4/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。