PHOTOニュース

真剣な表情で、自分の卒業証書となる和紙をすく高柳小6年生=21日、市内高柳町門出 (2021/01/22)


新型コロナウイルス収束、地域の安泰や健康を祈願した大寒水行=20日、市内藤井の妙覚寺 (2021/01/21)


桜井市長に目録を贈呈した信金中央金庫の山田所長(中央)、小出理事長(右)=19日、市役所応接室1 (2021/01/20)

>>過去記事一覧
後谷ダムの本体工事着手

 北陸農政局柏崎周辺農業水利事業所による国営土地改良事業で、西山町別山地内に建設する後谷ダムの本体工事が3月から始まった。2008年度の完成に向け、4月からは転流トンネルの掘削などが本格的に行われる。またダム完成時には道路が水没する主要地方道長岡西山線は、湖面の上を橋で越える道に生まれ変わる。すでに橋台・橋脚は完成し、今年10月の切り替えを目指して桁(けた)の設置や、床盤工事、舗装が進む。

 後谷ダムは有効貯水量110万立方メートルの農業用ダム。堤体形式は石や粘土で造るゾーン型フィル。堤高27メートル、堤長288メートル。ダムへの流入は、後谷川上流部からの直接取水のほか、約3.6キロの導水路を設置して間接的に別の地区から取水するのが特徴。導水路は03年度に地域の理解・協力を得て上流側1.4キロの工事を実施した。西山町では現在、この地域で下水道の工事も進めており、導水管の敷設は下水管との共同工事にした。03年度はダム湖右岸側の付け替え町道の舗装も行った。

(2004/ 4/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。