PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
里山に春告げるカタクリが満開

 西山町の別山地区で、里山に春を告げるカタクリの花が早くも最盛期を迎えた。

 カタクリは薄紫色のかれんな花で、先のとがった花びらを上向きに反転させて開く。今年は雪消えが早く、別山地区の高内山では3月下旬から咲き始め、頂上の城跡など盛りを過ぎた場所もある。

 地元では地域づくりの一環として登山道整備、草刈り、植樹、ベンチ増設などに取り組んできた。里山整備とともにカタクリの群生地も広がり、山ろくではツバキの群生、城跡からは日本海の眺望が楽しめる。

 地元カタクリ保存会長で別山コミュニティセンター事務局の長谷川勇さん(62)は新しく生まれた群生を指し、「カタクリの種は30年も地中で時を待つ。間伐をすると、待っていたかのように咲き始める」と目を細めていた。

(2004/ 4/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。