PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎原発1号機が発電再開

 東京電力柏崎刈羽原発1号機(沸騰水型、出力百10万キロワット)が8日未明、発電を再開した。トラブル隠し発覚後の2002年9月に定期検査に入ってから584日ぶり。再循環系配管とシュラウド(原子炉内隔壁)の両方にひび割れのあった号機としては最初の発電だ。

 1号機は、3号機とともに先月、市・刈羽村・県の再開容認を受け、月末に原子炉を起動していた。直後に、原子炉隔離時冷却系のタービン蒸気加減弁に不具合があり、発電は10日近く遅れた。8日は中央制御室で武黒一郎・同原発所長らが見守る中、午前0時51分、発電開始の操作が行われた。徐々に出力を上げていき、12日に定 格到達の予定。しばらく調整運転を行い、5月上旬ごろ、国の最終検査を経て営業運転に移行する。

 武黒所長は8日の定例会見で、続く3号機は来週再起動したいとの見通しを明らかにした。また、設備の不具合で定検工程が延びた5号機は自治体への再開要請を今月中にも行うとしたが、ひびの補修がようやく終わった2号機は作業の錯そうを避け、今月予定していた定検最終段階の原子炉格納容器漏えい率検査を5月の連休明けに繰 り延べることを検討中だとした。最近のトラブル続発も踏まえ「着実に仕事が進められるよう見直しを図っている」と述べた。

(2004/ 4/ 8)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。