PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
3月の粗大ごみ搬入は前年の10倍

 市内橋場、ごみ処理施設「クリーンセンターかしわざき」に3月中に市内の各家庭から搬入された粗大ごみは824トンとなり、1ヶ月だけで平年の約1年分に上った。粗大ごみの有料化を前に、ごみステーションで行う収集のほか、一般家庭からの直接搬入が相次いだもので、前年同比で実に10倍近くの増。センター内の敷地には自転車、家具類などがぎっしり野積みされた。このほか、布団類が約1万5,000枚集まった。

 同センターのまとめでは、2002年度の1年間の粗大ごみ搬入量は942.66トン。搬入車両台数は2,397台だった。03年度は2,536.71トンで、搬入車両台数は8,225台。前年同比では、重量で約2.7倍、車両台数では約3.4倍の増加を示した.

 03年度の搬入量のうち、有料化直前の3月の搬入量は824.42トン、車両台数で3,980台。同センターでは月末の搬入者の混雑を避けるため、土・日曜開放を行ったことなどから、一般家庭からの直接搬入量が408.78トン、3,635台を占めた。前年の3月に比べ、重量で約10倍、車両台数では約32.9倍の増となった。

(2004/ 4/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。