PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
福祉住環境講演会で住まい、町づくりを強調

 柏崎商工会議所は15日、福祉住環境の講演会を大研修室で開き、建築、福祉関係者ら約60人が参加するなど高い関心を示した。講師の1級建築士で福祉住環境コーディネーターネットワーク会長の小林哲也さん(43)は、よりよい住環境に向け、建築、医療、福祉のプロの連携を訴えた。

 小林さんは、今の45歳前後が2025年以降、前期高齢者となって高齢化が最も深刻化するとし、「今のうちから高齢者が多数派となる住みよい町づくり、家造りをすべきだ。福祉は弱者救済どころか、自分たちの生存にかかわるテーマ」と呼び掛けた。少子化による人的介護力の不足に伴い、転倒など家庭内災害防止の住環境が必 要とし、車両業者が高齢者、障害者向け改造車を手掛けた成功例から、「自分の専門性から福祉住環境を見直すと、新たなビジネスチャンスが生まれる」と述べた。

(2004/ 4/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。