PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
芸協総会、会員ニーズに応えた例会を

 柏崎芸術協会(曽田信英委員長)が21日夜、産文会館大ホールで第39回総会を開き、2004年度の事業方針や例会計画などを協議した。会員ニーズに応え、バランスのとれた例会企画を進めるとともに、広く会員の拡大を図ることなどを決めた。

 会では曽田委員長が「依然厳しい社会情勢の中で、一人でも多くの仲間を誘い、大勢で音楽、演劇を楽しみ、心の食べ物≠ナある文化生活を送ろう」とあいさつ。議事では、創立以来のモットーである「よい芸術を より安く より多くの人と」のもとで、運営方針として(1)鑑賞し続ける会員制の確立(2)会員ニーズに応えた例会(3)例会出席率の向上(4)効果的な広報・宣伝活動(5)会費を据え置いた財政運営(6)市民コンサートに向けた取り組み強化――などを推進することを確認した。

(2004/ 4/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。