PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
災害復旧優先の市予算編成へ

 7日午後行われた市議会12月定例会の一般質問で、会田市長は2005年度の当初予算編成作業をめぐり、各課からの要求段階で前年同時期のほぼ2倍の財源不足が報告されているとした上で、災害復旧を優先させた予算編成とするとの姿勢を示した。また、一般会計の予算規模は借り換え債を含んだ04年度よりも下回る規模になる見込みと述べた。

 予算編成の関連は真貝維義氏(公明党)が取り上げた。真貝氏は「予算の多くは災害復旧費になるかと思うが、予算規模はどうなるのか」「予算規模を維持するには不足財源をどうするかであるが、基金の取り崩しにならざるを得ないのではないか」と市長の考えをただした。

 市長は「予算編成作業において、各課からの要求段階で前年同時期のほぼ2倍の財源不足」とし、「どう対処するかが非常に頭の痛いところだ」とした。また「まず災害復旧を優先させた予算を編成することとしており、このための財源不足は公共用施設維持管理基金の有効活用ができないか検討しているところだ」と述べた。

(2005/ 1/ 8)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。