PHOTOニュース

1階開架スペースに設けられたビジネス支援コーナー。仕事のスキルアップなど約700冊が一つのコーナーに集められた=ソフィアセンター (2020/07/08)


「青春・熱血!プロジェクト」の皮切りとして行われたバレーボール競技。選手は約4カ月ぶりの対外試合を楽しんだ=4日、鏡が沖中体育館 (2020/07/07)


海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)

>>過去記事一覧
死刑囚・島秋人の「遺愛集」が改訂・出版

 死刑囚でありながら恩師夫妻の指導で絵と短歌に生きがいを見いだし、1963年に獄中で毎日歌壇賞を受賞した柏崎出身の歌人・島秋人(本名・中村覚)の「遺愛集」がこのほど改訂され、愛蔵版として東京美術(東京)から出版された。初版の発行は67年。愛蔵版はB6判244ページで、島の絵画や写真が新たに増補され、子供のころ遊んだ香積寺や番神堂の写真も挿入された。

 獄中で、中学時代の恩師だった吉田好道さんと妻絢子さんから絵と短歌の道に導かれ、罪を悔いて死を見つめながら心を取り戻していった。「遺愛集」はその過程を手紙と歌でつづった歌集だ。

(2005/ 1/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。