PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
西山かたくり一座が新作上演

 西山町の町民劇団「西山かたくり一座」(駒谷正義座長)は30日、中越地震で延期していた新作「『まんが松』にわたる風」」を西山ふるさと館で上演した。2回の公演に町内外から約700人が詰め掛け、熱演に拍手を送った。

 4作目となる新作は、二田地区に伝わる民話「まんが松」を柏崎演劇研究会の長井満代表が脚本化し、演出。小学生から70歳代までスタッフを含め総勢100人が作り上げた。まんという大泥棒の話から過去と現在をつなぎ、心と暮らしの豊かさについて考えた。児童の歌やせりふに客席のお年寄りは目を細め、町民の熱演に場面転換のたびに拍手が起きた。

(2005/ 1/31)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。