PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
大雪で交通機関乱れる

 柏崎刈羽地方は31日から1日にかけて、強い寒気の影響で大雪となり、北陸自動車の柏崎―中之島見附インターチェンジ間の上下線で通行止め、JR信越線の長岡―直江津駅間の上下線で運休となるなど交通機関が乱れた。市内では、60センチから70センチの雪が降り、通勤ラッシュ時に車の渋滞が発生した。小国町は1日午前8時半、豪雪対策本部を設置した。同町は今年度、7月の水害、10月の地震に続いて3回目の対策本部だ。

 信越線は、午前5時48分柏崎発新潟行きの始発普通列車が塚山付近の排雪作業のため約1時間遅れで発車したが、国道297号の踏切を過ぎた地点で雪を抱え込み、運行できなくなった。このため遮断機が下りたままになり、291号は通行不能になった。乗客24人にけがはなく、9時40分ごろ、代行輸送のタクシー6台に分乗し、始発の柏崎駅や長岡駅などに向かった。

(2005/ 2/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。