PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎地区公立高、推薦志願は平均0.94倍

 県教委は31日、2005年度公立高校推薦選抜の志願状況を発表した。柏崎地区は、分校を含む5校6学科(コース)で一般推薦の平均倍率が0.94倍となり、前年同期を0.02ポイント上回った。

 柏崎地区は一般推薦定員344人に対し、326人が志願した。柏工は従来、4つの小学科別に募集していたが、05年度から工業科4学級で一括募集とした。柏高普通コースは推薦枠30%の48人に対し、志願者99人で地区最高の2.06倍。次いで常盤が1.3倍。特色ある学校づくりでハンドボール、水球を対象とする柏高、柏工の特別推薦枠はそれぞれ5人の募集に対し2人が志願した。

 単位制の出雲崎は推薦枠50%の35人に対し、5人が志願。普通科が柏崎と同じ第5学区の長岡地区は、長岡が推薦枠30%の108人に対し志願者210人で1.94倍。長岡大手、長岡向陵は同30%の96人に対し、それぞれ146人、187人で、1.52倍、1.94倍だった。

 推薦選抜の面接は9日。合格内定通知は各中学へ17日。一般選抜の出願は21日から23日午前11時まで。学力検査は3月9日に行われる。

(2005/ 2/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。