PHOTOニュース

「新型コロナウイルス感染症から柏崎市民を守る」とした「共同宣言」を行う桜井市長と西川会頭=24日、市役所大会議室 (2020/09/25)


公開の通し稽古をした人形浄瑠璃の「猿八座」=22日、市内高柳町岡野町のギャラリー姫の井「酒の館」 (2020/09/24)


樹上脱渋の袋がけ作業=19日、市内新道の柿団地 (2020/09/23)

>>過去記事一覧
東京で高柳のどぶろく好評

 国の構造改革特区として認められた県内7つのどぶろく製造者による「どぶろく王国にいがた発表会」が28日、東京・表参道の新潟館ネスパスで開かれ、高柳町のじょんのび村協会も自慢の味を披露した。

 新潟は全国最多で先進のどぶろく製造県。発表会は、7製造者で結成した「県どぶろく研究会」と参入予定者、県が協力し、酒や旅行雑誌などに新潟のどぶろくの魅力を取り上げてもらおうと開いた。

 各製造者がそれぞれのどぶろくと、これに合う郷土料理を持参。高柳町じょんのび協会も豆腐のみそ漬け、干しずいきの煮物とともに、試飲してもらった。甘口が多いと言われる中、高柳のどぶろくは、淡麗辛口、ほのかな酸味の中にキリリとした辛さのあるのが特徴で、試飲者にも好評。同協会専務取締役の今井清栄さんも「ぜひ高柳に来て、自慢の焼きたてがんもどきと一緒に味わって」とPR。記者の取材に追われていた。

(2005/ 2/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。