PHOTOニュース

県内外の家族連れらでにぎわう番神海水浴場=1日 (2021/08/02)


ふるさとで2度目の個展を開く吉田信夫さん。開催に向け、準備を進める=市内北条 (2021/07/31)


防護服を着て、飲料水の採取方法などを確認する訓練参加者=29日、市内三和町の県放射線監視センター (2021/07/30)

>>過去記事一覧
地球温暖化対策推進でネットワーク設立

 地球温暖化防止に向け、温室効果ガスの削減が急務となる中で、市は10日、市内の各方面で構成した柏崎市環境・エネルギーネットワークの第1回会合を市役所で開いた。京都議定書が16日に発効されるのを前に、ネットワークを立ち上げ、本市の温暖化対策の中心的な組織とする。また、地球温暖化対策地域協議会として、環境省に登録するとした。

 このネットワークは、市環境基本計画、市地域新エネルギービジョン、市地域省エネルギービジョンに基づき、市、市民、事業者の協働によって、柏崎市域の総合的な地球温暖化対策の推進を図る。

 具体的な事業として、環境基本計画などに定められた温室効果ガス削減目標を達成するため、効果的なモデル事業の検討、エコライフやエコハウスなど省エネルギー・新エネルギーの普及・啓発などに取り組む。併せて、家庭、中小事業所対象の省エネルギー診断、設備改善などの提案も行う。

(2005/ 2/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。