PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
会田市長が施政方針演説、災害復旧を最優先

 会田市長は24日の市議会2月定例会本会議で2005年度施政方針演説を行い、昨年の中越地震など災害の復旧・復興を「最優先、最重要の課題として取り組む所存」と述べた。また高柳町・西山町との市町合併を契機に、長岡圏域と上越圏域の狭間の中で市民とともに「他に伍(ご)して活力あるまちづくり」を進めるとし、市民とともに道を模索したいと訴えた。昨年12月に就任した会田市長にとって、施政方針演説は今回が初めて。

 演説は、05年度当初予算案を踏まえて約50分間にわたって行われた。冒頭では、災害復旧と合併後のまちづくりに加えて、厳しい財政状況の中でさらなる行財政改革に取り組む決意を表明した。

 市政の方向として「安心して暮らせるまちづくり」「産業の振興と働く場づくり」「自然・歴史・文化を大切にするまちづくり」など7項目を示して05年度の具体的施策を述べた。

(2005/ 2/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。