PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
産大学長が再編構想を市議会に説明

 新潟産大の吉田邦夫学長は8日、今年度で閉校する燕工業高校跡地を利用するサテライト構想などについて市議会に説明し、意見を交わした。同学長は生き残りをかけた大学再編に理解を求め、サテライト構想は実質的に白紙状態であることを表明。来年度、他大学に先駆けて第三者大学評価機関の審査を受ける姿勢を示した。

 産大は18歳人口の減少による定員割れを打開するため、来年度、経済学部の学科を改編、産業システム学部を新設、人文学部を廃止し、定員400人を250人に削減する。サテライト構想は燕工跡地で産業システム学部産業学科の専門課程の教育を行うという内容。中越と上越の一部を加えた通学圏の高校3年生は約2200人と見ているのに対し、県央と新潟・下越地区では5000人強。産大には自宅通学を望む学生の確保、専門教育のインターンシップ、学生のアルバイト、就職面で期待がある。

(2005/12/ 8)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。