PHOTOニュース

合併協定調印を行った鵜川振興協議会の関会長(右から3人目)、野田コミュニティ振興協議会の力石会長(同5人目)ら=14日、鵜川コミセン (2021/01/15)


飯塚鉄工所の軽井川工場。隣接地約1万8千平方メートル(写真手前)に新工場を建設する=柏崎フロンティアパーク (2021/01/14)


「セブンさぽーたーズ・えんまの手鏡」の「合格祈願」セット (2021/01/13)

>>過去記事一覧
昨年の市内ベビー誕生は651人

 市の住民基本台帳によると、2005年1年間の出生数は651人で、前年に比べ、54人少なかった。昨年5月1日の合併後は、新市の人数。過去10年間の推移をみると、減少傾向は止まらず、05年は少子化に一層拍車をかけた。

 昨年の出生男女別は男子324人、女子327人で、女子が3人多かった。前年に比べて、男子が43人、女子が11人それぞれ少ない。月別で多かったのは7月が72人、6月が66人、3月が59人など。逆に最も少なかったのは1月の39人だった。

(2006/ 1/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。