PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
自己表現俳句コンクールで香澄ちゃん快挙

 自己表現力コンクール(NPO法人現代用語検定協会など主催)に米山保育園年少児・直井香澄ちゃん(4つ)が俳句の部で入選した。本県からの入賞者は6人で、幼児では1人だけだ。

 コンクールは2000年度から行われ、「自分で考えること、自分で考えたことをいきいきと表現すること」を推奨する文部科学省「学びんピック」認定大会と、同省子どもの居場所づくりキャンペーン参加事業。俳句、川柳、絵画、写真など11分野に05年度は全国から約1300点の応募があった。

 香澄ちゃんの入選作品は、蚊に刺された左腕が腫れる様子を感受性豊かに描いたもので「かがちくり ぷっくりおもちが やけたかな」。

(2006/ 1/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。