PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
子供の安全に向け「教育を語る会」

 市内若葉町、市立教育センター(種岡隆夫所長)で28日、子供の安全をテーマに柏崎の教育を語る会が開かれた。同センターと柏崎青年会議所(伊藤達栄理事長)の主催。グループディスカッションで熱い議論を交わし、行動に移し合うことで一致した。

 語る会は、センター移転を記念するイベントとしてスタートして回を重ね、今年で5回目。「子どもたちの安全を守るために、われわれにできることは?〜『語る』から『行動』」をテーマに据えた。柏崎刈羽の教員、青年会議所会員、青少年育成団体会員ら85人が集まった。

 参加者が8つのグループに分かれ、テーマに沿って意見を出し合った。全体会では各グループから「青年会議所と連携し、『子ども110番』の家を増やす」「子供たちが自分の身は自分で守るという自己防衛力の育成を」「地域の人と子供のつながりが大事」「親が安全に対する意識向上を」などが発表された。

(2006/ 1/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。