PHOTOニュース

「青春・熱血!プロジェクト」の皮切りとして行われたバレーボール競技。選手は約4カ月ぶりの対外試合を楽しんだ=4日、鏡が沖中体育館 (2020/07/07)


海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)

>>過去記事一覧
労基署存続へ労働基準協会が嘆願書

 柏崎労働基準監督署を来年3月末で廃止し、長岡に統合する新潟労働局の方針に対し、柏崎労働基準協会(藤田達生会長)は27日、存続を求める嘆願書を高原正之・新潟労働局長に提出した。

 県内11署のうち、廃止対象は柏崎と糸魚川。市、柏崎商工会議所は先月、連名で存続の要望書を出した。協会の嘆願書は「他市に先駆けて廃止する意味を十分に理解できない」とし、身近な指導の機会が減ることで安全衛生管理の低下を懸念。「法令に基づく届け出、手続きで長岡へ出向くことは事業所の負担増につながる」などと訴えている。

(2006/ 1/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。