PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
冬季安定収入目指しイチゴ栽培学習会

 柏崎刈羽でイチゴの栽培を拡大したいと、柏崎地域農業振興協議会によるイチゴ栽培現地研修会が9日、柏崎市・刈羽村の2施設で行われ、参加者は熱心に施設や技術を学んだ。

 国の農業政策の転換で、地域農業の担い手として生産組織や大規模農家の役割は大きくなってきたが、農家・生産組織にとってはその分、冬季の安定した仕事・収入の確保は大きな課題。その中で注目を集めてきたのがイチゴの栽培だ。柏崎市・刈羽村では今年度、市農業振興公社、刈羽村の本間鶏卵、日本エヌ・ユウ・エスの3カ所でイチゴの高設栽培が試験的に進められ、実りの季節を迎えた。

 研修会にはイチゴ栽培を検討している農家、生産組織、また行政や農協、柏崎青果など関係機関から30人以上が参加。市内宮之窪の市農業振興公社と刈羽村上高町にある日本エヌ・ユウ・エスの栽培施設を見て回った。

(2006/ 2/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。