PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
「緑」の百年物語の柏崎支部廃止

 柏崎刈羽地域で「にいがた『緑』の百年物語」県民運動の母体となってきた緑化推進委員会柏崎支部(支部長・会田市長)の臨時運営会議がこのほど、ワークプラザ柏崎で開かれ、支部の廃止を決めた。運動が県主導から民間主体へ移行し、県の金銭的・人的支援が減少することから、全県を対象にする運動本部に事務を集約することになったもの。地域植樹祭や緑の募金活動など今後の取り組みは、3月24日に開催の本部総会で決められることになる。

 「緑」の百年物語は、22世紀の人たちのために21世紀の百年をかけて樹木を育てていこうという壮大な取り組み。2001年に、当時の平山知事の発案でスタートし、旧地域振興事務所単位で県内に15の支部を結成。事務局は同事務所(現在の地域振興局)が担当。市町村や民間団体と協力して、街頭や学校・企業・町内での緑の募金の呼びかけ、地域植樹祭の開催、児童を対象にした自然体験教室、公共施設や地域の緑化活動への支援などの事業を進めてきた。

(2006/ 2/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。