PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
市内2カ所でチューリップの花絵

 球根育成のため摘み取られるチューリップを使ってパネル絵を作る「チューリップコミュニケーション&デコレーション」(チューリップ・花絵・かしわざき、花絵プロジェクトin柏崎主催)が30日、市内2カ所で行われた。同日午前、新潟市周辺のチューリップ畑で摘んだ約1万5000本を使い、2枚の花絵を完成させた。

 柏崎での花絵づくりは2年ぶり。幼児から70代まで延べ100人が集まった。フォンジェ地下、元気館に分かれ、摘んできた花を使い、下絵の色にしたがってパネルの穴に差していった。黄色やピンク、白、赤、オレンジなどの花が、フォンジェでは太陽のような花、元気館ではミッキーマウスに描かれていった。

(2006/ 5/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。