PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
「科学のえんま市」3日に

 「科学のえんま市であそぼうよ」と呼び掛けた青少年のための科学の祭典・柏崎刈羽大会が3日、新潟工科大で開かれる。主催は市教委・教育センターほか。同大学祭と同時開催。

 「科学の祭典」は、青少年の科学技術の観察・実験などの実体験を通して、科学理科教育の振興を図ることなどが狙い。主催はほかに、同大学、日本科学技術振興財団。当日は市内小中学校、同大学、企業の協力で「流れるビーズの万華鏡」「イクラボトル」「光るスライム」「アイスクリームづくり」など19ブースを予定。盛りだくさんの実験、工作を楽しむ。

 併せて、持参の携帯電話に市防犯・安全メールを登録できるコーナーもある。時間は午前10時から午後3時半まで。入場無料。小学低学年は親子で参加を。問い合わせは教育センター(電話20-0212)へ。

(2006/ 6/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。