PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
むつみ荘が在宅サービス専用棟建設へ

 市内畔屋、社会福祉法人・柏崎刈羽福祉事業協会(田中哲男理事長)が運営する特別養護老人ホーム「むつみ荘」(小池博施設長)が8日、ショートステイ・デイサービス専用棟の建設に向け、安全祈願祭を行った。最新機能を備えた施設として、12月末の完成を目指す。

 同ホームは1990年、市内で初めての特養ホームとして、住民の期待を担って開所した。長期利用の定員は100人、ショート、デイはそれぞれ20人。高齢社会の急速な進展の中で、これまでにも大きな役割を果たしている。

 工事は、開所後16年を経て、ショート、デイの在宅サービス事業部門のスペースが狭く、この解消を目指す。既存施設と分離して専用棟とするもので、敷地は同ホームが保有する隣接の山を造成し、鉄筋コンクリート平屋(広さ延べ約1500平方メートル)の建物を整える。工事費は全額法人の自主財源で賄う。

(2006/ 6/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。