PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎でプラスチック射出成形の技能検定

 県職業能力開発協会が国の委託で行うプラスチック射出成形の技能検定が、26日から市内田尻工業団地内のナガイ(長井禎仁社長)で始まった。8月11日まで40日間にわたり、1、2級資格に県内などの若手・中堅技術者95人が挑む。

 柏崎での実技試験は6年目。ナガイの長井信一会長が県プラスチック工業振興会の会長だったことから、会場提供に協力した。受験者は20代から30代が中心。成形機でプラスチックを溶かして金型に流し込み、樹脂材を使って持ち時間内で指定の個数を作る。金型の取り付けから、シリンダー圧力や樹脂の温度調整、成形などの一連の作業に1人で取り組む。2人の試験官が、機械の取り扱い方、成形品で不良の生じやすい17項目などを減点法でチェックした。

(2006/ 6/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。