PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
鯨波小児童がアユ漁に挑戦

 鯨波小(日下部文典校長)の4年生(16人)が4日、学校前の前川でアユ漁に挑戦した。きれいな川を実感するとともに、塩焼きにして自然の恵みを味わった。

 アユやサケの上る川を次の世代に残そうと、自然環境教育活動をしている市議の金子錦弥さん(70)、元市議の桜井雅浩さん(44)が講師になり、昨年に続いての学習。4年生は総合的な学習で環境と地域について学んでおり、春はイサザ取りにも挑戦した。

 金子さんらが投網を打つと、子供たちは箱メガネ、水中メガネを使って川をのぞき込み、アユがかかっているとヤスでひと突き。体長約20センチのアユ二15匹をはじめ、アユのライバル・アユカケ、小さなハゼの仲間などを観察したり、捕まえたりした。

(2006/ 9/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。