PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
東電社長が一層の安全品質向上を表明

 東京電力の勝俣恒久社長が7日、市と刈羽村を訪れ、会田市長、品田村長に対し柏崎刈羽原発の安全品質向上に引き続き力を入れていく考えを表明した。

 勝俣社長は、同社原発のトラブル隠し発覚から4年が経過した中で、再生活動の激励に柏崎刈羽原発に来所したのに合わせて県・市・村を相次いで訪問した。市役所で会田市長と懇談した勝俣社長は「安全品質は着実に向上してきていると思うが、活動に終わりはないので、たゆまずしっかりとやることが大事」と述べた。会田市長は東電の取り組みを評価する一方、制御棒のひび割れなど最近の問題に触れ、「想定しなかった新しい事象が生じてくる懸念を持っている。安全確保に一層の取り組みをお願いしたい」と求めた。

(2006/ 9/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。