PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
県の新登録技術に市内から4件

 県土木部が建設産業振興策として新たに創設した「Made in 新潟 新技術普及・活用制度」でこのほど、第1回登録新技術に47件(土木43、建築4)が採用された。市内からは4件だ。

 この制度は、県内から土木・建築分野の優れた新技術を募集し、実際の工事に使用した結果を含めて情報公開することで普及・活用を図ろうというもの。企業から申請のあった新技術のうち、評価委員会の審査をパスしたものを県土木部のデータベースに登録し、インターネットで公開。登録された技術は県が公共工事への採用を積極的に検討し、トライアル(試験)工事を実施。その評価結果もネットで公開する。

 ▽L型擁壁の安全・完全・省力化据え付け施工法「SPL工法」=藤林コンクリート工業▽海岸等砂地の飛砂防止緑化工法「はまみどり」=グリーン産業・新潟工科大・富永禎秀教授共同開発▽土質改良システム=植木組ほか5社の共同開発▽窓サッシの新取り換え工法及び構造「SK改窓工法」=スイコー

(2006/10/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。