PHOTOニュース

2カ月半ぶりに営業を再開した市内高柳町のじょんのび村=2日午前 (2020/07/02)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2020/07/01)


ごみ持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付けを行う県建設業協会柏崎支部青年部会=30日、東の輪海水浴場 (2020/06/30)

>>過去記事一覧
東電が原発耐震指針改定で地域説明会へ

 東京電力柏崎刈羽原子力発電所の千野宗雄所長は12日の定例会見で、原発の耐震設計審査指針が改定されたことに伴う地域説明会を11月14日に刈羽村で、15日に柏崎市で開くと発表した。

 新指針は地震や断層の想定などを強化した。これを受けて東電では、経済産業省原子力安全・保安院の指示により、柏崎刈羽原発の耐震安全性を新指針に照らして再評価する。現在、その実施計画書を作成中のほか、周辺の地質調査を今月下旬までの予定で先行して進めている。地域説明会では新指針の内容、再評価の方針、地質調査の状況などを分かりやすく情報公開したいという。

 刈羽村の会場は同村老人福祉センター、柏崎市は柏崎エネルギーホール。時間は午後6時半から8時半。

(2006/10/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。