PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
写真展「柏崎の100年」第2回が18日から

 市立図書館(ソフィアセンター)の開館百周年記念の所蔵写真展「柏崎の100年」の第2回が18日から、同センターで開かれる。7月の第1回に続く。今回は「街」「人・暮らし」「できごと」「子ども」の4つのテーマで柏崎の足跡をたどる。併せて、2年を迎える中越地震の写真も展示する。通常の手法とは異なり、展示写真のデータ、資料用の写真提供を呼び掛け、前回同様に市民参加型で行う。

 同館は1905年、有識者団体「芝蘭会」によって、柏崎初の図書館として柏崎神社門前で産声を上げた。翌年に文部省の公認を受けて以来、これまで多くの先賢・篤志家らに支えられてきた。県内でも有数の郷土資料を所蔵し、中でも、市民から寄贈された写真、絵はがきは柏崎の近・現代史を知る上で、貴重な資料として注目される。 

 第2回の所蔵写真展は、激動の時代を写し続けた写真家・真貝新一さん(1896―1971)、庶民の暮らし、日常風景を撮り続けた写真家・神林栄二さん(1913―2006)の作品を中心に、市民からの提供写真も合わせて約500点が並ぶ。

(2006/10/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。