PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
景観シンポ「豊かな資源を後世へ」

 市が12日、「個性的で魅力ある『柏崎らしい景観』によるまちづくり」をテーマにしたシンポジウムを市民プラザで開き、約70人が集まった。市が募集した「柏崎らしい景観」募集の発表に続いて、景観選考委員がそれぞれの立場で考えを述べた。昨年の市町合併で広くなった新柏崎市が持つ景観資源の豊かさ、後世に伝えていく役割などを改めて認識した。

 市内で景観に関するシンポジウムは初めて。市民一人ひとりが景観づくりのデザイナーとして、景観について考え合い、古里の景観資源を大切に、これからのまちづくりに生かすことが狙い。「景観」募集には自然景観、まちなみ・集落、建物・施設、祭り・イベントに合計で381点が寄せられ、市都市景観懇談会(座長=西村伸也・新大工学部建築学科教授、委員14人)が2次の選考会を行い、51点を柏崎を代表する景観として選んだ。

(2006/11/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。