PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
反原発団体が市民納得の耐震評価を要請

 東京電力柏崎刈羽原発の耐震安全性再評価をめぐり、地元反原発3団体が13日、市民が納得する評価を東電が行うよう経済産業省原子力安全・保安院や同社への働きかけを会田市長に申し入れた。

 原発の耐震設計審査指針改定を受けて、東電は同原発周辺の地質調査を先月まで実施するなど、耐震性再評価の作業に着手している。3団体は従来から、柏崎平野の断層活動の危険性を指摘しており、3日はメンバーの市議らが市役所で会田市長と面会し、東電の地質調査や再評価計画は不十分だと主張。原発敷地内の地下探査、安田層、長岡平野西縁断層帯の詳細調査などが必要だとして、働きかけを市長に求めた。

(2006/11/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。