PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
「なりわいの匠」柏崎は県内最多100人

 県が認定した「なりわいの匠(たくみ)」の柏崎地域の認定証交付式が25日、ワークプラザ柏崎で行われた。認定者は県内最多の延べ100人、実数で80人。

 県では今年度から、中山間地域や漁村で、地域の豊かな自然、棚田などを生かしたグリーンツーリズムを一層推進するため、伝統的な技能・技術、生活の知恵などを持った人たちを「なりわいの匠」として認定。地域と都市との交流で指導的な立場で活躍してもらうことにした。11月20日付で第1回の認定が行われ、県全体では、農林漁業体験・郷土文化体験・農林水産物加工体験・自然観察体験の4部門に延べ777人。複数の分野で認定された人も多く、実数で493人だ。柏崎地域振興局管内は刈羽村を除く柏崎市全域が対象。延べ100人の中には市内別俣地区の田んぼの分校関係者が50人含まれており、1地区の認定者としては県内で一番多い。

(2006/12/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。