PHOTOニュース

3密を避けながら、250年の伝統をつないだ花市=11日午後4時過ぎ、市民プラザ前 (2020/08/12)


今夏初の猛暑日に、海水浴を楽しむ家族連れら=10日午前、石地海水浴場 (2020/08/11)


結成10周年記念のTシャツを贈ったブルボンウォーターポロクラブ柏崎の横関副理事長と、相田院長ら=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2020/08/08)

>>過去記事一覧
年末年始の柏崎IC利用は減

 東日本高速道路新潟支社はこのほど、年末年始(12月27日―1月4日)の支社管内高速道路交通量をまとめた。支社全体のインターチェンジ利用台数は1日平均7万642台で前年比0.8%増。柏崎インターは1916台で2.6%減だった。

 路線・主要区間別では、暖冬少雪傾向の影響か、スキー場のある関越道・水上―湯沢間が前年比4.9%減、上信越自動車道・信濃町―妙高高原が6.0%減に。その他の路線はほぼ前年並みか6%前後の増加を示した。期間中の1キロ以上の渋滞発生は8回。最も長かったのは12月30日夕方の関越道上り線湯沢―水上間の3キロ。土樽でのチェーンチェックが原因だ。

(2007/ 1/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。