PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
資源物リサイクルセンターが5日から稼働

 市は、市内松波4のごみ処理施設「クリーンセンターかしわざき」敷地内で5日、資源物リサイクルセンターを移転・オープンする。当初、昨年9月の開所予定だったが、中越沖地震の影響で建設が遅れていた。

 「勤務時間の都合などで朝、町内会の資源物ステーションが利用できない」「雑誌や新聞がたまって困る」という市民の声に応え、市は2003年6月、東本町3で資源物リサイクルステーションの名称で施設をオープン。年々利用が増加し、06年度の回収量は約113万キロに上る一方、年間約13万人、月平均約1万800人の利用により、慢性的な駐車場不足に悩まされてきた。07年度は8月末まで受け入れを予定していたが、中越沖地震以後は休止状態だった。

 新しいリサイクルセンターは、クリーンセンター敷地内にある車庫棟を転用し、さらに増築したもので、鉄骨平屋建て、広さ延べ約328平方メートル。回収対象は空き缶、スプレー缶、びん、ペットボトル、プラスチック製容器包装、新聞、雑誌、ダンボールなど13種類の資源物。

(2008/ 4/ 3)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。