PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
原発議会サミット、8月26・27日に

 今年8月26・27日に東京で開かれる第6回全国原子力発電所立地議会サミット(同立地市町村議会議長会主催)の実施要項が決まり、参加要請の案内文書が議長会構成25市町村の議会・当局をはじめ、電力会社、関係機関などに7日までに発送された。約400人の参加を見込む。原子力の安全確保と住民理解などを議論する中で、東京電力柏崎刈羽原発が中越沖地震で被災したことに伴う課題や、原発の不正・データ改ざん問題も大きな焦点となる。

 サミットは原発立地点の議会議員が原子力への賛否を超えて意見交換することを目的に、柏崎市議会の提唱で1997年度に創設した。議長会は柏崎の議長が会長を務め、事務局を同じく柏崎の議会事務局が担当している。

 第六回は昨年八月に予定していたが、中越沖地震により延期された。内容は昨年の計画を踏襲し、「21世紀のクリーンエネルギー〜その安全・安心・信頼〜」をテーマに、原発の耐震、核燃料サイクル政策とプルサーマル、国と立地地域との信頼関係など5つの分科会を開く。基調講演は原子力委員会の近藤駿介委員長による「〜我が国のエネルギー供給における原子力の役割と責任〜」。会場は港区の品川プリンスホテル。

(2008/ 5/ 8)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。