PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
中越沖復興支援ネットワーク発足

 中越沖地震の被災者支援のための組織「中越沖復興支援ネットワーク(略称・沖ネット)」が発足した。市内NPO団体でつくる「みるみるつながる市民ネットワーク」が母体。すでに今年初めから、復興シンポジウムを開くなどの活動を開始していたが、正式に県復興基金の交付決定を受け、24日に産文会館で設立総会を開いた。

 会員は山田明彦代表ほか運営委員20人などで構成。事務局長には市社会福祉協議会職員の村山義一さんが就任した。コーディネーターなど専門スタッフ4人。

 沖ネットは、産官学民が連携して被災者を支援していきたい考え。事業は「よりそう事業」「ネットワーク事業」「その他の事業」の3本柱。具体的には仮設住宅での生活支援や各地域のコミュニティセンターの支援、復興活動支援団体との協働事業などに取り組んでいく。

(2008/ 5/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。