PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
五中野球部が女子二塁手擁し柏刈へ

 五中(八木一志校長、生徒数65人)で女子の二塁手を擁する野球部が、11日に迫った柏崎刈羽大会に向け、調整に励んでいる。男女の別なく練習に打ち込み、3年生として挑む最後のシーズンだ。

 柏崎刈羽中学校体育連盟(中体連)の野球部13チームで唯一の女子が同校3年の行田美晴さん。上位5チームが上越大会に進む。県中体連軟式野球専門部によると、5月現在、県内の女子選手は3人。「女子は毎年おり、全国大会まで出場できる」という。

 行田さんは小学3年から学童野球を続けた。中学進学後も、中体連では女子も野球部に登録できると知り、入部。1年生は当初1人だけだったが、秋に同級生の男子2人が入った。今年度は2、3年生9人に1年生8人が入部した。顧問からはチームメイトへの思いやり、正確なプレーを求められている。

 「野球には打ち、投げ、走る――と、ほかのスポーツにはない魅力がいっぱい。ルールが分かると、楽しさが見えてくる」と行田さん。身長156センチ。本番では「ゴロの後逸に気をつけ、ランナーを確実に進めるバッティングを心掛けたい」という。同級生で部長の北村浩太郎投手は行田二塁手を「女子というより、1人のライバル」とし、「個人個人の力は小さいが、悔いのない試合をし、団結力で勝利を目指す」と述べた。

(2008/ 6/10)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。