PHOTOニュース

海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)


2カ月半ぶりに営業を再開した市内高柳町のじょんのび村=2日午前 (2020/07/02)

>>過去記事一覧
21日の「電気消灯」に参加を

 市は、環境省の「CO2(二酸化炭素)削減・ライトダウンキャンペーン」に呼応し、市内でも「夏至の日」の21日に多くの家庭にキャンペーン参加を求めている。次回は北海道洞爺湖サミット初日の7月7日。

 環境省は地球温暖化防止のため、チーム・マイナス6%運動を進めており、キャンペーンはこの一環。明かりを消すという身近な省エネを通して、地球温暖化問題を考えるきっかけにする。キャンペーンは両日とも午後8時から10時までで、各家庭の明かりを一斉に消灯してもらう。

 環境政策課では「日ごろ、いかに照明を使用しているかを実感し、日常生活の中で温暖化対策を実践することの動機付けにしていただきたい。家族で星空を眺めたり、ろうそくの明かりの中で環境などについて語り合うひと時にも」と話している。

(2008/ 6/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。