PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
工科大が市街地と周辺の温湿度測定

 環境負荷の少ない地域づくりを目指す共同研究の基礎調査で、新潟工科大はこのほど、市街地と周辺で温湿度の測定を行った。

 市環境・エネルギーネットワーク(事務局・市環境政策課)が環境省の採択を受けた低炭素地域づくり推進事業の一環で、同大建築学科の富永研究室、飯野研究室が取り組んでいる。測定は海岸方向に6キロ、山側に4キロのエリアで農地、宅地、商工業地などの温湿度分布を調べ、将来の町づくりで地球温暖化の原因となる二酸化炭素をいかに減らせるかというシミュレーションの基礎資料にする。

  研究室の4年生と3年生の有志約20人が協力。6つのルートを車で移動しながら約110地点で、中心市街地では東西と南北ルートで徒歩の2班が100メートルごとに23地点で計った。1日目は午後と夜、2日目は午後に同じ地点で計測。3地点で気象を自動観測した。

 初日午後は水田ルートでいずれも30度を下回った半面、近くの市街地では31度を超えるなど最大3度の温度差があった。中心部では東西の本町ルート11地点のうち、最高が31度を超えたのに対し、駅通り・海岸ルートではいずれも30度を下回った。

(2008/ 8/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。