PHOTOニュース

県産プレミアムブランド「越後バナーナ」の初収穫作業。慎重に切り取りが進められた=6日午前、市内荒浜2のシモダ・ファーム (2020/08/06)


桜井市長に高齢者支援策を提案する日吉小6年生たち=4日、市議会議場 (2020/08/05)


柏崎刈羽の小中学生が参加した柏崎ジュニアオリンピック陸上競技大会=2日、市陸上競技場 (2020/08/04)

>>過去記事一覧
音楽の先生が新春コンサート

 柏崎刈羽の在職、出身者による柏崎刈羽音楽教師の会(渡辺隆樹会長、会員数23人)が10日、ニューイヤー・コンサートを産文会館文化ホールで開いた。中越沖地震からの復興・再生を託した組曲などが力強く会場に響いた。

 音楽教師の会は1989年、13人の音楽教師が豊かな音楽性を持ちたいと活動を始めた。コンサートは今年で19回目。新学習指導要領に伴って加わった邦楽の箏(琴)の合奏「さくら・21」で幕を開けた。

 続いて、声楽や合奏の調べなどが流れた。出演者全員が混声4部合唱で「未来へ踏み出す 緑の地球にあまねく平和と幸せを届けるために」などの歌詞からなる組曲「未来への決意」で復興・再生への祈りを込め、アンコールの「見上げてごらん夜の星を」のハーモニーが響いた。

(2009/ 1/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。