PHOTOニュース

「青春・熱血!プロジェクト」の皮切りとして行われたバレーボール競技。選手は約4カ月ぶりの対外試合を楽しんだ=4日、鏡が沖中体育館 (2020/07/07)


海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)

>>過去記事一覧
市が「核兵器廃絶平和都市宣言」

 市は1日付で「核兵器廃絶平和都市宣言」を行い、4日には、その宣言をアピールするため市役所庁舎前に設置した高さ約4メートルの看板を除幕した。

 除幕に先立って会田市長は「市制70周年を1つの契機として『核兵器廃絶平和都市』を宣言した。世界的な核兵器廃絶への大きな機運の高まりがあり、柏崎市も、平和を求める世界の人たちと一緒に地道にしっかりと取り組んでいきたい」とあいさつ。斎木裕司市議会議長は「世界一の原子力発電所を持つ柏崎市が平和に向けて発信するというのは大いに意義がある」と述べた。

(2010/ 1/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。