PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
西山町浜忠で掘削土によりほ場整備

 今年1月に開通した国道352号「椎谷岬トンネル」の工事で大量に掘り出された土が運ばれた市内西山町浜忠の「天王沢」。この土で整備された新しい水田で今春、初めての田植えが行われる。

 この沢は集落の1番奥にあり、小さな山を越すと、国営の後谷ダムだ。作物を育てる水に恵まれず、排水も悪いという土地で、10年前に行われた地区のほ場整備でも除外され、近年はわずかに水田と畑が残るだけで、ほとんどが林や荒れ地になっていた。

 椎谷岬トンネルの工事では約10万立方メートルの砂岩、泥岩が掘り出され、輸送距離の近い処分地として約4.5ヘクタールのこの土地に白羽の矢が立った。2008年夏から1年間にわたり、掘削した土のほぼ全量、ダンプカーで約2万3000台分が運ばれた。県、土地の関係者は柏崎土地改良区のアドバイスを得ながら、この土で約15アールから30アールの水田16枚と畑、農道、水路などを整備。搬入した土の上には沢にあったもともとの表土を再び盛って、作物が作れるようにした。

(2010/ 5/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。