PHOTOニュース

「青春・熱血!プロジェクト」の皮切りとして行われたバレーボール競技。選手は約4カ月ぶりの対外試合を楽しんだ=4日、鏡が沖中体育館 (2020/07/07)


海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)

>>過去記事一覧
原酒造の平野さんが新曲CD

 市内新橋、原酒造の製造部長・平野保夫さん(67)がこのほど、越後杜氏(とうじ)の伝統を歌で残そうと、自作の歌詞に「酒造り唄」を交えた新曲「酒屋もん……俺を信じて」のCDを発売した。2008年発表の前作「うまさ抜群 越の誉音頭」もカップリングで収録した。

 平野さんは入社47年。06年度に県が卓越した技能者を認定する「にいがたの名工」の称号を受けた。同社の新社屋と日本酒 ミュージアム「酒彩館」の完成に伴い、中越沖地震からの復興のしるしとして「元気を分かち合いたい」とCD制作を計画。会社も支援した。

 作曲は前作に続き、市内のカラオケサークル代表で柏崎のご当地ソングを作る宮川和子(和みさき)さん。昨秋の同サークル発表会で披露していた。「私しゃ椋鳥(むくどり)酒屋もんだよ」と杜氏の呼び名を3番まで連ね、家族との別れと再会、修業の旅立ち、苦労を「胸に秘めたる出世道」「技をわが身に杜氏の修業」と歌い上げた。

(2010/ 6/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。