PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
1週間の燃やすごみは1世帯60リットル

 市は、廃棄物減量等推進審議会(会長=秋元正道・新潟工科大教授、委員数14人)の本年度第1回の会合を28日、クリーンセンターかしわざきで開いた。事務局は、家庭ごみ有料化後の1世帯あたりの1週間の燃やすごみの平均排出量は約60リットル、指定袋の料金では月額約340円であることが市民アンケート調査の結果から分かったとした。

 アンケート調査は、本年度行う市一般廃棄物(ごみ)処理計画の中間見直しに合わせて実施した。市民、事業所、家庭用電動生ごみ処理機購入者をそれぞれ対象にした。このうち、市民は20歳以上の1000人を無作為抽出し、552人が回答。世帯構成は2人から4人が67%だった。

(2010/ 7/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。